香典

人間の一生には必ず始まりと終わりがあります。終わりを迎えた人を送り出すのは、故人と深く関わった人たちの義務といえます。葬儀に参加する以上、弔いの意を込めた香典は欠かすことの出来ない礼儀となります。
このサイトでは香典の書き方や中身、その他の葬儀のマナーについて解説していきます。

相場(金額)

相場(金額)
香典で包む金額の相場とは? 世代や故人との関係など。

香典の渡し方

香典の渡し方
香典を用意した歯いいけど、どのようにして渡したらよいの? 渡し方の作法など。

葬儀のマナーと香典について知る

人生には多くの出会いと別れがあり、出会いに新しい生命との出会いがあれば別れの中には今生の別れがあるものです。故人との別れを惜しみ冥福を祈る葬儀において最重要の必需品といえる香典はどのようなことに注意して用意すればよいのでしょうか。

香典の持つ意味

葬式の際に遺族の方々に渡す香典は本来「香奠」と書き、「お香の代わりに」「霊前に供えるお金」という意味を持っています。

「奠」という文字は、「霊前へお供えするもの」という意味がありお金だけでなく食料も含まれ、遺族の当座の食い扶持を賄う風習にもなっていたようです。

現代ではそういった意味は影を潜め、「故人を偲び、お世話になった感謝を表す」為のものとなっているのです。

香典を供えるということ

最近の関西地方では香典を受け取らない「香典辞退」の習慣が広まっているといわれています。

確かに、香典を受け取る遺族にしてみれば香典を供えた人数分だけ香典返しの品を送る必要があり、ある程度を業者任せにしても煩わしさを感じてしまうということが言えます。

しかし、香典は金銭のやり取り以上に故人に受けた恩義や友情・絆といった「心と想い」のやり取りの意味が大きいといえます。香典を受け取らないにしても、相手の故人に対する気持ちを汲み取ることが大事なのです。

葬儀のマナーを知る

社会生活をする上で学ばなければならないマナーは、親や上司などの先人たちから自発的に、もしくは指導を受けて身に付けていくものです。

しかし、葬儀でのマナーを身に付ける機会というものはそう多くは無いといえます。人によっては成人しても葬儀に出席した事が無い場合もあるからです。だからこそ、香典を含む葬儀でのマナーは学べる時に学んでおかなければならないのです。

葬儀の意味とは

お葬式を行うのは、故人の冥福を祈るだけでなく家族を失った遺族の悲しみを共有し、辛さを和らげるためでもあります。

つまり、葬儀とは一種の通過儀礼なのです。

お葬式が滞りなく済めば遺族の心が癒されるというわけではありませんが、一つの区切りにはなります。お葬式はこれから先も遺族が生き続けていくために、日常に戻るために必要な儀式なのです。

現代お葬式事情

「お葬式」と聞いて、多くの人が最初に思い浮かべるのが仏式の葬儀ではないでしょうか。主流となっている仏式以外にもキリスト教式や神式の葬儀があります。

最近では宗派などの形式に捉われない「自由葬」、葬式を行わず直接火葬を行う「直葬」もあります。

葬儀の形式を重んじることも大事ですが、故人を偲び冥福を祈るという本義を忘れさえしなければ、どのような形式で執り行っても構わないのです。