マナー

香典は、遺族を支える支援としての意味と故人を偲ぶ気持ちを表すものという意味を併せ持っています。だからこそ、香典を包む時は礼儀作法を正確に守らなくてはならないのです。
香典にはどのような作法があり、特に注意しなければならないマナーとは何なのかを紹介していきます。

覚えておきたい香典の作法とは?

長い人生の中では、必ず一度は葬儀に参列する機会が訪れるものです。故人の冥福を祈る重要な儀礼である葬儀では作法が重要視されます。香典を包むにしても作法を重視しなければなりません。どのような点に注意して香典を包まなければならないのでしょうか?

宗派・慣習に合わせた表書きをする

香典は金銭であると同時に仏前にお供えするものでもあるため、通常の茶封筒や銀行の封筒に入れたままでは失礼に当たります。

また、故人が生前に信仰していた宗派を尊重することも大事なことです。

そのため、香典用の水引が付いた封筒に宗派ごとの形式に基づいた表書きをして遺族に渡るようにするのが、香典の基本作法であり礼儀なのです。

自分の立場と相場を考慮した金額を包む

ご祝儀や香典のような冠婚葬祭でやり取りされる金銭には、社会的な立場や相手との関係に左右される相場というものが常に付きまとっています。

相場よりも高い金額を包むことは逆に遺族の心労を増やすことに繋がりますし、安すぎる金額では「礼儀を知らない」「恩を忘れた」というような謗り(そしり)に繋がることも充分にありえます。

故人との関係を前提にバランスを考えて包まなければならないのです。

手渡すタイミング・方法を考える

香典を手渡すタイミングが難しいものでしたが、現在では「葬儀会場の受付係の人に手渡して芳名帳に記帳する」形式が一般的になってきています。

しかし、都合により葬儀に参列できない人はどのようなタイミングで渡せば良いのかが悩みどころです。郵送か、葬儀が終わった後に訪問するかなどの方法とタイミングを出来る範囲で考えていくことも香典の作法といえます。

香典の持ち歩きについて

香典やご祝儀は、一目瞭然でお金が入っていることがわかる水引の付いた封筒に包まれています。

だからこそ、持ち歩く際には人目に触れないようにしなければなりません。かといって、鞄やバッグに封筒のまま詰め込んでおくことやビニール袋に入れて持ち運ぶことは無作法といえます。

香典やご祝儀を持ち運ぶ際の必需品である袱紗(ふくさ)は、香典用とご祝儀用の二種類を用意しておくことが求められます。

葬儀の作法を守ること

マナーというものは大雑把に言えば「暗黙の了解の元に成り立っている決まりごと」です。しかし、明文化されていないからといって守らなくては良いということは無いのもマナーの特徴です。

マナーとは、社会的な通過儀礼の一つなのです。

マナーを守ることは社会への参加を許されていることと同じなのです。だからこそ、様々な業界や年齢層の人が集る冠婚葬祭ではマナーを守る必要性が高いといえます。

特に葬儀では参列客に、故人を失った遺族の心を労わる思いやりが暗黙のうちに求められているといえます。葬儀でのマナーを守ることは遺族への思いやりを表すことと同義なのです。

香典について、さらに詳しく読みたい