香典返し

お歳暮や年賀状など、季節の節目の贈り物には返礼を贈るのが古くからの慣わしです。もちろん不祝儀である香典にも返礼は必要不可欠です。
故人を失った悲しみを和らげてくれた参列客の皆様に贈る感謝の意を込めた香典返しにはどのようなマナーがあるのでしょうか?
香典返しについて解説していきます。

香典のお礼に…香典返しを贈る際のマナーとは?

故人を失った御遺族の悲しみは察するに余りあるものです。そうした悲しみに沈んだ心を察して弔問やお葬式に訪れてくださった参列者の皆様の存在は、大変ありがたいものです。時間を割いて駆けつけ香典を包んでいただいた参列客の皆様に感謝を示すのが香典返しなのです。

香典返しの意味

香典返しは、社会常識としての「贈り物への返礼」の一種であるといえます。忙しい中でスケジュールを縫うようにして時間を確保し、決して少なくはない金額を香典として包んでくださったお客様へ、社会人として行うべき礼儀なのです。

そのため、遺族は香典の額に合わせた香典返しの品の選定にも頭を悩ませなければなりませんが、悲しみや心痛がいくらか紛れるという効果もあるのです。

香典返しの変遷

はるか昔の香典返しは、参列客が故人になった時に香典の形で返すものとされていたようです。しかし何が起こるかわからない人生ですから、遺族が必ず香典で返せる訳でもないのです。

そこで、香典返しという形をとって返礼するようになっていったのです。お葬式が近所の人が集って手伝う「隣組」形式の場合は、その場で香典袋を開けてお返しするというスタイルを取るのが一般的だったようです。

葬儀会社によってパッケージ化されたお葬式が主流となった現在では、葬儀会社が大量発注を引き受けてくれるようになったため大変便利になったといえます。

香典返しのタイミング・喜ばれる品物

香典返しは、香典辞退のお葬式以外では必ず送るのが礼儀です。しかし同時に、故人の逝去に伴う様々な手続きや処理にバタバタしている遺族には目の前に山積みされている面倒な問題の一つともなります。

多くの遺族が頭を悩ませるのは、「いつまでに送ればよいのか」というタイミング、そして「何を送ればよいのか」という品物の種類です。

四十九日を目途に送る

香典返しを送る際のタイムリミットは仏教・神道共に「四十九日まで」と考えてよいでしょう。香典返しの無いキリスト教もこれに準じます。北海道などでは、通夜・告別式の際に香典と交換する形で引き渡す即日返しが主流になっています。

適した品物の条件

香典返しに送る品物には、日持ちがして手元に残らない食べ物やお茶碗・シーツなどの実用品が適しています。

「故人を偲ぶ時間を作る」という意味でお茶やコーヒー、「不幸を流す」石鹸、白装束に通じるシーツやタオルに砂糖、埋葬する土から作る陶器に「不幸を塗りつぶす」漆器など縁起を担ぐ意味が篭もったものや消耗品が一般的な香典返しの品物となっています。

商品券は適しているのか?

最近は好きな品物を選べるカタログギフトや商品券での香典返しが人気を集めています。

商品券やカタログギフトは、香典返しの条件である「使えば手元に残らない」ことを満たしていますが、額面が明記されているためあまり宜しくないと考えられていたのです。

しかし、結婚式の引き出物や香典返しは物によっては邪魔になってしまうことも多いので下手に品物を選ぶよりは…という人も少なくないようです。