香典返し・相場・金額

社会的慣習での贈り物とお返しに送るものには、必ず相場があります。贈り物・お返しのものは高すぎてもいけない、安すぎてもいけないという金額設定を守らなければならないからです。
立場や年齢によって金額が増減する香典への香典返しにはどのような相場があるのでしょうか?

礼儀を形にするための香典返しの適切な金額・相場

香典を含む慣習としての贈答品は、貰ったら貰いっぱなしというわけにはいきません。必ずお返しのものを差し上げる必要があります。しかし、お返しに贈る物はそれなりの金額をかけなければなりません。香典返しにおける相場はどのようなものなのでしょうか?

祝儀・不祝儀のお返しの意味

香典を含む祝儀・不祝儀には必ずお返しが必要になります。祝儀・不祝儀は相手のご厚意で出してもらったお金なので、そのご厚意に対する謝礼という形でお返しをしてこれからのお付き合いを続けていこうという考え方の現われなのです。

だからといって「お付き合いしないからお返ししなくて良い」というわけではありません。長期に渡る社会的信用を維持する為にも、祝儀・不祝儀へのお返しは欠かせないものです。つまり祝儀・不祝儀へのお返しは人間関係の潤滑油のようなものなのです。

香典返しをする意味とは

香典は一家の大黒柱を失うなどして、今後の生計に不安を抱く遺族への生活援助金としての一面を持っています。

しかし、その一方で香典や生命保険で一時的に大金を手にした遺族に対して「故人で金儲けしやがって」というような妬みを持つ人も居ます。

このような「葬式太り」は、理屈としては納得できても感情の上では納得できない周囲の人間から発生する嫉妬です。香典返しはこのような的外れな嫉妬を受けないようにする為の予防策でもあるのです。

香典返しの難しさ

香典返しは、内容となる品物選びと相場との兼ね合いの二つが絡み合った難しさを抱えています。面倒が無いように一定価格でそろえたい、貰った香典の額がばらついている、喜ばれるものは予定顎より高いなど、様々な問題が噴出してくるものです。

最近は専門業者や葬祭業者がカタログを用意してくれるので苦労は軽減されているといえますが、それでも悩ましい問題であります。

香典返しの相場の実態

香典返しの相場は、頂いた香典の金額に大きく左右される性質がありますが平均的な相場ではどのように設定されているのでしょうか?

基本は半返し

香典返しの相場を表現する言葉に「半返し」があります。つまり、「香典として頂いた金額の半分」が相場であるということです。

厳密に言えば香典の3分の1から半分が香典返しの基本相場といえます。葬儀形式や地区によっては、受付で香典をそのまま返す香典辞退による全返しも行われます。

香典額の格差の埋め方

香典返しの難しさは、相場の基準となる頂く香典の金額がバラバラになることに原因の一つがあります。香典に包む金額は相場から考えると「5000円以下」「一万円」「1万円以上」の三種類に分類することが出来ます。

つまり、この三つの金額に合わせた香典返しを前もって選んでおけば、無駄なく葬儀終了までに発注できるというわけです。また、香典と引き換えに香典返しを受け渡す慣習がある場合は、香典返しを統一してしまっても構わないでしょう。

「お返しについて」について、さらに詳しく読みたい