服装

服装には身に付ける人の心構えや考え方が反映されます。ファッションが趣向の表れであるように、TPOに合わせた服装をすることは社会人として礼儀作法を知っていることを表現します。
葬儀における適切な服装とはどのような物を言うのでしょうか。喪服などを含めたお葬式における服装を紹介します。

お葬式に着るべき服装、喪服のあれこれ

社会に属して生活する以上、時と場合に合わせた服装を身に付けることは当然のマナーといえます。成人式の時には紋付袴・振袖を纏い、結婚式の際には礼服を身に付け、お葬式の際には喪服を着るのが正しい社会人としての姿です。

お葬式の際に身に付ける喪服はどのようなものなのでしょうか。

喪服の意味

そもそも喪服とは「喪に服している」ことを現す服装です。「喪に服する」とは、故人の逝去を悼むことを指し、逝去による「穢れ」を広めない為に一定期間外出や行動を慎むこととされています。

つまり、本来は喪服を着るのは喪に服している遺族だけだったのです。時代が変わると、喪服は喪に服することだけでなく弔意を表す意味を持つようになり葬儀の際の礼服として扱われるようになったのです。

正式礼服と略式礼服

喪服を含む礼服には正式礼服と略式礼服があります。正式礼服はテレビで見るような他国首脳の歓迎式典のような大きな公式行事などで着用されます。

略式礼服は、正式礼服を着るほど大きな催しではない場合に着用される、私たちが普段「礼服」と読んでいるものです。正式礼服はいわゆる紋付袴やモーニングなどが該当します。

お葬式での服装について

お葬式では本来喪主が正式礼服を着用するものですが、基本的には略式礼服で構いません。では喪主や家族、参列者はどのような喪服を着用すればよいのでしょうか。

大人の服装

大人の場合、黒のスーツやワンピース・ツーピースを喪服として着用します。

男性は必ず白のワイシャツに黒のネクタイを着用します。

女性の喪服はなるべく肌の露出が少ない、落ち着いたデザインのものを選ぶようにしましょう。

学生や子供の服装

学生や小学生以下の社会に出ていない子供の場合、喪服を着なくても良いとされています。学生の場合、制服が礼服として機能するので学校の制服を着て参加します。

小学生以下の子供の場合、男子は黒か紺のブレザーとズボンと白いシャツ、女子は黒・紺のブレザーにスカートと白いブラウスを合わせます。足元は白か黒い靴下を履きます。

アクセサリー・靴・鞄について

葬儀の際は、なるべく宝石・貴金属などの華やかな装飾品や革製品のものを身に付けないという決まりがあります。

お葬式は故人を弔うのが目的であってファッションショーではないこと、天然皮革は動物の犠牲を連想させるためというのが理由です。

装飾品の例外としては真珠が挙げられます。真珠は涙を連想させる宝石だからですが、二つ以上の着用は「涙が重なる」ことになるので一つだけにするのがマナーです。

バッグや靴は黒い布製品のものを用意します。合皮製品は天然皮革と区別できない場合があるので避けておくのが無難です。

学生や子供の服装

学生や小学生以下の社会に出ていない子供の場合、喪服を着なくても良いとされています。学生の場合、制服が礼服として機能するので学校の制服を着て参加します。

小学生以下の子供の場合、男子は黒か紺のブレザーとズボンと白いシャツ、女子は黒・紺のブレザーにスカートと白いブラウスを合わせます。足元は白か黒い靴下を履きます。

数珠について

仏式のお葬式の場合は、数珠が必需品となります。数珠は宗派によって念仏を唱えた回数を数えたり揉むようにしてジャラジャラ音を立てたりと使い方が異なりますが、合掌する際に手に挟んで拝むのが基本の使い方になります。

数珠の素材についての制限はないのでプラスチックや木、ヒスイ・水晶など気に入ったものを使うと良いでしょう。