お花代

お葬式において花は大事な小道具であるといえます。時には祭壇を飾り、時にはお焼香の代わりとなり、時には故人がどのような人とお付き合いが合ったのかを示します。
では参列者がお花を送るとき、どのような金額の花をどのように送ればよいのでしょう。お花代のあれこれについて紹介します。

お葬式のためのお花代について

お花は無味乾燥な空間に潤いを与えてくれる素晴らしい自然からの贈り物です。清清しい香りは心を洗い、雰囲気を和ませてくれます。お葬式においてもお花は重要な役割を持ち、参列者からの供花である花輪や花篭などがあります。お葬式におけるお花代について解説していきます。

お葬式でのお花の役目

お葬式ではお花が欠かせません。そのまま組み立てては無機質な印象の祭壇も、花をふんだんに飾り立てれば天国を思わせる情景が広がり、遺影の故人も喜んでいるように見えます。

会場前に飾られる花輪は故人の交友の広さを伺え知る材料となり、キリスト式葬儀での献花はお焼香と同じ意味を持ちます。このように、お葬式におけるお花の存在感は高いものといえます。

花輪・花篭などの供花

お葬式の際に飾られる花輪・花篭などの供花は、故人と親しく付き合っていた相手からの贈り物です。一般的には親戚や友人、会社関係などから贈られます。

親しい間柄から贈られる供花は、一層悲しみを感じさせますが遺族からすれば故人が慕われていた証でもあります。

また、お葬式に出席できない人が弔電と合わせて花輪や花篭を贈る場合もあります。

宗派別お葬式でのお花

花はお葬式に欠かせませんが、宗派ごとにお葬式に使われる花は違ってくるものです。

仏式・神式では菊・百合・蘭などの白い花を主体とした花輪や花篭を供花にします。それとは別に故人が生前好きだった花を飾ることもあります。

関西地方の仏式葬儀では「樒(しきみ)」という白い花を供える風習があります。

キリスト式では白百合の生花を供花・献花に使います。白百合は聖母マリアを象徴する花とされていて、キリスト教を代表する花です。

お花を贈る場合には?

親しかった人のお葬式に参列する場合などは、花輪や花篭などのお花をお供えする必要があります。どのようにして注文し、表書きをどうすれば良いのでしょうか?

お花の注文の仕方

お葬式にお供えする花は、花屋さんか対象のお葬式に関わっている葬儀屋さんに注文を入れて用意します。会場の場所・故人の名前・通夜の日時を自分の名前と一緒に伝えておくことを忘れないようにしましょう。

お花代の相場

供花を贈る場合にも金額の相場があります。花輪一基の相場はだいたい12000円〜15000円前後、花篭は1万円前後です。

アレンジメント花篭の場合、3000円から相場に上乗せされます。

花輪とお供え物がセットになっているものは15000円からとなっています。

お花代の書き方

お花代を葬儀会社や遺族経由で注文した場合、白い封筒に「御花料」と記して金額を包んで遺族に渡すのがマナーです。お花代は、香典だけでは足りないと感じた場合にも包むので覚えておきましょう。