香典・渡し方

お金の受け渡しの際には、その人の性格が表れるものです。お金を大事に扱わない人や包みもしないで持ってくる人、新札のようにピンとしたお札をそろえてくる人、小銭交じりで持ってくる人様々です。
そして香典の受け渡しの際には、よりいっそう気を使わなければなりません。香典の渡し方について紹介します。

お葬式での香典のマナー〜渡し方・持ち運び方

香典を包むことは、葬儀への参列の有無を問わず故人との交流があった人が最低限しなければならないマナーであり、故人を失った遺族を労わる気持ちの表れです。だからこそ、礼儀作法に従った渡し方をして弔意を見せなければなりません。

香典の基本ルール

香典を包んでいく際に注意しなければならないのは、表包みの破損です。必然的に着物や鞄の中に入れて持っていくことになるため、折れたり曲がったりしてしまうのです。

そのため袱紗(ふくさ)と呼ばれる包み布で保護しながら持ち運ぶのがマナーです。

表書きや名前などの書き方や水引が入った封筒など、香典にはさまざまな作法がありますが遺族に受け渡す瞬間まで気を抜いてはいけないことこそが香典の基本であるといえます。

香典を郵送する

故人と関わりあった全ての人が必ず葬儀に参列できるわけではありません。海外に滞在していたり、仕事の都合などで連絡が付かない状況にあったりした場合は納骨まで済んだ状態でようやく時間の都合が付くことも少なくありません。

葬儀にどうしても参列できない、参列したかったが終わった後だった場合は香典を郵送して弔意を示すのがベターです。

香典を郵送する場合は普通郵便ではなく郵便書留を使うので、水引付き封筒にこだわる必要はありません。必ず弔意と葬儀に参加できない理由を記した手紙を添えて送付するのが香典郵送のマナーです。

葬儀での香典の渡し方

物事には適切な手段とタイミングが必要な場合があります。このタイミングを間違えると、とんだ赤っ恥を掻くことになったり信用を失ってしまうことになったりしてしまうものです。もちろん、香典を渡す時にも適切な手段とタイミングが要求されるのです。

袱紗の包み方

香典を保護する袱紗の包み方はそう難しいものではありません。最近は簡単に包めるよう最初から袋状になっている袱紗もありますが、自分で包めると見栄えがよいので覚えてしまいましょう。

やり方

  • 1.まず袱紗を広げてひし形に配置します。
  • 2.中央に水引の付いた表側を上にした香典袋を置き、正面から見て右側を折ります。
  • 3.そして、下・上の順で折り残った左側を折って長方形状に畳めば出来上がりです。

香典を渡すタイミングと作法

香典の受け渡しは通夜か告別式での受付で記帳と一緒に行うのが最近の風潮です。つまり、渡すタイミングが統一されているので困ることは無いといえます。

香典を渡す際には、袱紗を表側が相手に見えるように机の上に置き手早く広げて取り出したら袱紗を畳み、脇に寄せてから香典袋を相手によく見えるようにして手渡すのが作法です。

遺族や受付の人の手を煩わせることは失礼に当たるので、落ち着いて丁寧に行いましょう。