お悔やみの言葉

コミュニケーションを交わす上で言葉は非常に重要な役目を持っています。言葉の使い方を間違えると、友情や信頼関係を壊したり取り返しの付かない事態を招いたりするのです。
不測の事態を招かない為にも、言葉の正しい使い方に気を配らなければなりません。お葬式で使うお悔やみの言葉や挨拶について解説します。

お葬式でのお悔やみの言葉・お別れの挨拶

お葬式は香典や花を納めるだけの行事ではなく、故人を悼み遺族に自分の弔意を伝え慰める交流の場といえます。そのため、用法として正しいお悔やみの言葉を使う必要があるのです。お悔やみの言葉にはどのようなものがあるのでしょうか?

お悔やみの言葉の意味

言葉にはTPOに合わせた遣い方があります。めでたい時には「おめでとう」という喜びとお祝いを込めた言葉を使うべきで、逆境に挫けそうな人には「諦めるなよ」と励ましの言葉を掛けるべきです。

お悔やみの言葉もそうしたTPOに合わせた言葉遣いの一つで、お葬式専用の言葉なのです。そしてTPOに合わせる言葉遣いは、厳密に区別されなければなりません。

お葬式にお祝いの言葉を使うことは不謹慎極まりないことで周りから人格が疑われても文句は言えないのです。正しい言葉遣いをすることは、社会人として知っていて当然の常識であり心構えなのです。

お悔やみを言う場面とは?

お悔やみの言葉を使う場面は、お葬式に参列した際に遺族に挨拶する時や弔電や手紙を送る時などがあります。

お悔やみの言葉は心痛を感じている遺族と悲しみを共有して、慰めるためのものです。だから喋るのが苦手でも、怖気付かず遺族に挨拶することが肝心です。自分が感じている悲しい気持ちと思いやりを込めて喋ることがお悔やみの言葉の本義なのです。

お悔やみの挨拶の基本と文例

お悔やみの言葉には一定の決まりがあり、決まりごとの範囲内で文章を構成する必要があります。どのような決まりごとがあり、どのような内容を喋ればよいのかお悔やみの言葉の文例や決まりについて紹介します。

お悔やみ言葉の決まり

お悔やみとして話す言葉におけるルールには「忌み言葉」というものがあります。

これは「重ね重ね」や「くれぐれも」などの同じ単語を重ねる言葉や、「ふたたび」「また」などの繰り返しを意味する言葉のことで、「不幸が続く・重なる」に通じるものと捉えられるからです。

お悔やみの挨拶のマナー

お葬式や弔問で遺族に挨拶するときは、「逝去の原因」を聞き出そうとすることはマナー違反です。

ただでさえ家族を失い悲しみにくれている最中の遺族を追い詰めるような真似をすることは、常識的にも道徳的にも許されることではありません。挨拶のときは簡潔に、心の傷に触れることなく済ませるのが大人の常識なのです。

挨拶の文例

お悔やみの挨拶で使いやすいのが「このたびはご愁傷様でした」という定型文です。これだけ使っておけば間違いは無いというくらいに便利な挨拶です。

葬儀の受付や遺族との挨拶に使えます。「突然のことで言葉もありません」「突然のことでまだ信じられません」と続け、「御遺族の皆様にはお悔やみ申し上げます」と締めくくりましょう。

友人や会社の上司など故人との付き合いが深い場合は、「もし私に何か出来ることがあればお手伝いいたします」と申し出るのもよいでしょう。