お焼香

仏式のお葬式では、遺族と参列客にはお焼香することが求められます。お焼香は香を炊いて故人の冥福を祈るものですが、「お葬式に参加するまでやり方を知らなかった」という人も少なくないのです。
お焼香にはどのような作法があるのか、宗派ごとに違いはあるのかなどを紹介します。

仏式葬儀に欠かせない焼香のやり方を知る

お葬式のための作法として覚えておかなければならないことに香典の包み方や喪服の選び方、お焼香のやり方があります。特にお焼香は、故人の冥福を祈る意味で重要な役割をもっているといえます。

しかし、実際にお葬式か法事に参加して自分に順番が回ってくるまで体験した事が無いということも少なくないようです。

焼香の「香」とは?

仏教では、線香や焼香などで香を焚くことが多いといえます。これは、香を焚くことが不浄を遠ざけ心身を清浄にするという意味があるからです。仏教以外でも香を焚く場合がありますが、香といえば仏教というくらいに結びつきが強いといえます。

焼香では主に樒(しきみ)を原料とした抹香が使われています。線香はタブの木や杉の葉を原料にしていて、香りや燃えやすさが違います。

焼香の意味

お葬式や法事で参加者が焼香を行うのは、心身を清めてお祈りに臨むためです。本来、神仏に祈る際には冷水を頭からかぶるなどの禊ぎを行うのが正式なやり方ですが、お葬式では遺族や参列客に頭から水をかぶってもらう時間も場所も無いものです。

禊ぎ(みそぎ)に代えてお焼香することで心身を清めましたよ、という形にするのがお葬式での焼香の目的といえます。

お焼香のやり方・献花の作法

仏式葬儀でお焼香を行うように、キリスト式葬儀では花を供える献花が行われます。

お焼香・献花は多くの人が参加するので、作法をうろ覚えであっても見逃されることが多いといえますが、故人を送る最後の機会なのだから正しい作法を覚えておきたいものです。

お焼香と献花はどのようにして行えばよいのでしょうか。

お焼香の基本

お焼香には立礼焼香・回し焼香・座礼焼香の三種類があります。畳敷きの会場では座礼焼香、フロア張りの会場では立礼焼香、家族・親戚内の法事では廻し焼香というように振り分けられることがほとんどです。

また地域によっては線香でお焼香を行う風習があります。

立礼焼香

立礼焼香では自分の番が来たら、焼香台の手前で僧侶と遺族に向かって一礼してから遺影に一礼してから合掌します。この時左手の親指と人差し指の間に数珠を掛けておきます。

右手の親指・人差し指・中指で抹香をつまみ上げ目を閉じながら額の高さに掲げます。右手を下ろしながら香炉の中に抹香を入れます。

これを三回ほど行ったらもう一度合掌して一礼し、遺影に背を向けぬよう三歩ほど下がったらもう一度遺族と僧侶に一礼して自分の席に戻ります。

回し焼香

回し焼香は、焼香台を置けない場所や家の仏間で葬儀を行う場合のやり方です。

前の人または横の人から香炉と抹香が回ってきたら一礼し目の前か膝の上に香炉などを置きます。

目を閉じて抹香を額の高さに掲げ香炉に入れる動作を3回ほど行ったら合掌して一礼し、次の人に香炉を回して一礼します。

座礼焼香

座礼焼香は「立ち上がらないで行う立礼焼香」といえるもので、焼香台に向かう際は膝立ちで摺り足して移動するのが特徴です。立礼焼香と同じ動作で焼香を終えたら腰を屈めてかかとを上に向けた爪先立ちで席に戻ります。

宗派ごとの違い

仏教は宗派ごとに考え方や作法に違いがあります。焼香にも違いがあり、抹香を香炉に入れる回数に表れています。基本的には、「仏・法・僧」の三宝を敬う3回が主流ですが浄土真宗本願寺派では1回、大谷派や曹洞宗などでは2回となります。

キリスト式献花のやり方

キリスト式葬儀ではお焼香の代わりに献花を行い、故人の冥福を祈ります。

やり方は、自分の順番が着たら花を渡す係の人からは花を一輪受け取り、花が右側に来るように受け取ります。

この時、左手は下向きに、右手は上向きになるようにします。献花台の前に進んだら左手を上向きにしながら花を自分の正面に来るように90度回して、静かに献花台にささげます。

献花したら1・2歩下がって一礼し、牧師様と遺族にそれぞれ一礼して席に戻ります。自分もキリスト教の信者であるなら献花台に一礼する際に十字を切ったり両手を組んで祈りましょう。

葬儀・通夜でのマナーについて、さらに詳しく読みたい