弔辞

弔辞は、故人と親しい間柄にあった人による最後のお別れの挨拶です。存命の時は照れ臭くて言えなかった気恥ずかしい思い出や感謝の言葉、故人と過ごした日々を締めくくる別れの言葉を詰め込んだ弔辞は聞く人の涙を誘います。
ここでは、お葬式で弔辞を読む機会に当たった時のための弔辞の書き方について解説します。

最後のお別れの言葉・弔辞を書く

冠婚葬祭におけるスピーチは、主役となるカップルや故人の次に大事なものです。主役との縁の深い人が心からのお祝い・お悔やみの言葉を述べることで出席した人たちの気持ちをよりいっそう強くするからです。

お葬式で弔辞を読むことになった時、どのような内容にすればいいのでしょうか。

弔辞の意味

弔辞は故人と親しかった人から代表者を選んで行う「最後のお別れに送る言葉」です。弔辞の定義を言えば、故人に向けたお別れの挨拶の全てが弔辞といえますが一般的には通夜・告別式などのお葬式で行われるスピーチが該当します。

手の届かない遠い所に旅立っていく故人との長い別れのための最後の挨拶は、故人を失った悲しみや追悼の気持ちに共感し故人の冥福を一緒に祈るためのものなのです。

読む立場

弔辞を読むことになるのは、多くの場合故人の親友や付き合いの長い会社の上司などが挙げられます。

結婚式のように社会的地位が高いけれど故人との付き合いが無い人を選ぶことは、全く無いと言っていいほど少ないのです。だからこそ聴く人の胸を打つような気持ちの篭もった弔辞が読まれるものなのです。

心に残る言葉・内容を選ぶ

弔辞は、簡潔かつ短い内容にすることが求められます。長すぎれば式の進行を阻害してしまうし、回りくどければ参列客に共感してもらうことも出来ません。

スピーチは、内容を変えないように文章をシェイプアップすることが重要です。

思い出のエピソードを語るならば強く印象に残っている話を、故人の人柄に触れるのであれば多くの人が肯定できる部分に触れるなど、故人の名誉を貶めないようにすることも大事です。

弔辞の書き方と文例

弔辞を自分が書く立場になった場合、どのような構成でどのような点に気を使えば良いのかがわからないことが多々あります。ここでは、弔辞を読むために覚えておきたい弔辞の書き方と文例を紹介します。

始めに故人との関係

弔辞を読む際には進行役の人に代表者の名前と肩書き・立場を紹介されます。

なので「ただいま御紹介に預かりました○○(自分の名前)です」と返答する出だしを用意しましょう。

返答の後は、「友人代表としてお悔やみ申し上げます」「会社を代表して哀悼の意を表したいと思います」などの自分と故人の立場を明確にしながら弔意を表しましょう。

エピソードを語る

人との付き合いが長ければ長いほど、色々な思い出が作られていきます。人に話すには恥ずかしい話、慰め合い励ましあった思い出、部活や学校での思い出など振り返れば幾らでも出てくるものです。

そういったエピソードの中でも特に印象に残っているものを選び出し、弔辞に組み込みます。できれば、故人の人となりが窺い知れるような話が良いでしょう。

例えば「小学生時代の夏休みは毎朝几帳面な正確の故人がラジオ体操に迎えに来た」とか、「学生時代はよく故人にノートを貸した」と言ったエピソードを故人に語りかける口調で語ると良いでしょう。

哀惜の言葉をつなげる

故人の人となりを知るエピソードを語った後は、故人の突然の逝去がもたらした悲しみについて語る哀惜の言葉に繋ぎましょう。

哀惜は悲しみという意味なので、「君が突然居なくなってしまい言葉に出来ないほど悲しい」「家族を遺してこの世を去ってしまった君の無念は大きいだろう」「私たちの中心であった○○さんを失ったことは筆舌に尽くしがたいほど悔しい」と、故人を惜しむ言葉を使います。

結びにはお悔やみを

弔辞の最後は、お悔やみの言葉で締めくくります。

文例としては「安らかにお眠りください。心よりご冥福をお祈りします」「どうぞご家族を見守ってください。○○様のご冥福をお祈りし、弔辞と代えさせていただきます」などがあります。

お悔やみの言葉は定型と言うものがある程度決まっているので、出来るだけ気持ちを込めて読むようにしたいものです。

弔辞のルール

弔辞を書く際には、「たびたび」「重ね重ね」などの重ね言葉や「再び」「また」といった繰り返しを意味する言葉を使わないようにするのがルールです。

弔辞を記した紙は香典と同じく上包みに入れて、喪服の内ポケットなど取り出しやすい所にしまっておきましょう。

弔辞を読む際は紙を肩の高さに上げて、背筋を伸ばして遺影に向き合うのが正しい姿勢です。