弔電

故人と関わりのあった人には、遺族へ弔意を伝える手段がいくつも用意されています。代表的な手段である弔問や弔電のほかには郵便を使ったお悔やみ状があります。
お悔やみ状はどのような状況で利用し、どのような文面にすれば良いのでしょうか。お悔やみ状の書き方や文例について紹介します。

哀悼の為の手紙・お悔やみ状の文例

お悔やみ状は弔電と同じく、直接弔問に伺えない場合に発送する弔意の伝達手段です。訃報は常に急に飛び込んでくるものなので、スケジュールの都合が付かず葬儀に出席できない人も少なくないものです。

弔電と利用目的は同じでも、使い方に違いがあるお悔やみ状はどのように利用でき、どのような文章を書けばよいのでしょうか?

お悔やみ状のメリット

お悔やみ状と弔電は葬儀を欠席せざるを得ない場合に利用する手段ですが、郵便を利用するお悔やみ状ならではのメリットがあります。

それは、書留郵便を利用して香典を一緒に発送できることです。弔電の場合は到着が早い分、短いメッセージと別途購入の花を送付できるに留まる点を考えれば、幾分かは有利であるといえます。

それに、お悔やみ状には文字数制限もなく、初七日までに届けばよいので思いを込めた文章を推敲できると言う時間的な猶予もメリットの一つと言えます。

お悔やみ状のデメリット

逆にお悔やみ状のデメリットと言えるのが、「早めに発送しなければならない」と言うことです。手紙という通信媒体は、発送から到着までに日数が掛かるものです。

そして「筆不精」という言葉があるように、手紙を書くことが億劫になりやすい人も決して少なくないのです。つまり、暗黙の了解として締め切りが設定されていることがお悔やみ状のマナーでありデメリットなのです。

お悔やみ状の書き方・文例

お悔やみ状は追悼の気持ちを込めたお悔やみの言葉を手紙につづるものですが、通常の手紙の作法と異なる点があります。ここでは、お悔やみ状の作法と文例を紹介していきます。

文章内の基本ルール

お悔やみ状の作法として、手紙を書くときにつきものの「文頭・文末の挨拶」「時候のあいさつ文」は不要というものがあります。お悔やみ状は普通の手紙ではないので、手紙の作法に則っていなくても構わないのです。書き出しからお悔やみの挨拶で始めます。

第二には、「葬儀の欠席理由は書かなくて良い」ということがいえます。故人が逝去した理由を問うのがマナー違反であるのと同じです。「やむを得ない事情につき」と書けばよいのです。

また、お悔やみの言葉の基本ルールである「重ね言葉・繰り返し言葉の禁止」も守るべき決まりごとです。

文章の例

(故人名)様の突然の訃報に接し、大変驚いております。

(故人の喪主との間柄の敬称)様のご逝去に心からお悔やみ申し上げます。

かねてから御療養中と伺っていましたが、回復を心より願っておりました所に舞い込んだ訃報にただ驚くと同時に、御家族の悲しみはいかばかりかと察しております。

生前、お見舞いに伺った時は本人も回復を信じて療養に専念されていただけに残念でなりません。

本来であれば弔問に伺うべきところですが、やむを得ない事情がありご葬儀への参列が叶わないため、こうしてお手紙を差し上げた次第で御座います。なにとぞご寛恕ください。

些少では御座いますが、回向のしるしに香典をお包みしました。御霊前に供えていただけますようお願い申し上げます。

御家族の皆様につきましては、御供養のためにもご自愛くださいませ。

略儀ながら書中にて謹んで御冥福お祈り申し上げます。 合掌

文章の構成を意識する

お悔やみ状の文章は、例文のように構成が決まっています。一行目から順に「訃報への反応」「お悔やみの挨拶」「葬儀欠席へのお詫び」「香典・供物についての言及」「家族への慰めの言葉」「末文の挨拶」となっています。

この構成を意識して文章を構築するのがお悔やみ状におけるマナーです。