葬儀

供花を贈る場合には、多くのマナーがあります。何も知らずに贈ってしまうと、失礼に値することも…。
供花を贈る際の流れやマナー、お花を供えた場合の香典などを確認して、失礼のないようにしたいですね。

葬儀に参列する際は、故人を偲び、供養するために香典を贈りますが、本来は香典でなくても、供花(きょうか)や供物(くもつ)でも良いとされています。供花を出す場合には、どんなマナーがあるのでしょう?
また、供花を出す場合には香典はどうしたら良いのでしょう??

  • 香典の表書き

    香典の表書き

    香典の表書きには「御霊前」と「御仏前」があります。49日法要前は「御霊前」、49日法要からは「御仏前」を使います。

  • 香典袋は薄墨で書く

    香典袋は薄墨で書く

    香典袋(不祝儀袋)は、薄墨で書くのがマナーです。悲しみのきちんと墨をすることができず、薄くなってしまったことが始まりのようです。

  • 供花に用いられる花の種類

    供花に用いられる花の種類

    供花には、一般的に白い花が用いられます。仏式・神式では菊や蘭、百合などが、キリスト教式では白百合が多く用いられます。

 
 

【供花とは?】

供花とは、故人に供える生花のことであり、祭壇や斎場を飾ります。主に故人と関係が深かった人・団体が、思いをこめて故人に捧げるのです。
友人一同や会社、連名など団体で出す場合が多く(もちろん、個人で出すのも良いです。)、故人の好きだった花や好きだった色の花を贈ります。

【供花を贈る場合のマナー】

供花を贈る際に最も大切なことは、遺族に供花を贈っても良いか確認するということです。中には、「供花・供物ご辞退」(供花・供物は受け取りません)という場合もあるんです。

会場が狭くて飾りきれない可能性がある・供花を同じデザインのもので統一するなどの理由から、最近は供花を受け取りませんという場合も少なくないのです。
また、供花は関係の深い順に並べる必要があるため、並び順に困ってしまうということを理由に受け取らないというケースもあります。
そのため、まずはご遺族に供花を贈ることを相談し、辞退されたら遠慮するのがマナーです。

供花の手配

供花を手配するには、葬儀を行なう日程と葬儀会場、喪家名を確認しておく必要があります。
供花を手配する方法はさまざまで、次のような方法があります。

  • 葬儀場で手配する

    葬儀社の会館である場合や葬儀場で依頼している生花業者がある場合は、葬儀場で供花を手配できます。また、支払いも葬儀で会場に行った時に行なうことができます。

  • 生花店に依頼する

    葬儀会場で特に指定がなければ、生花店に依頼しましょう。生花店からサイズなどを統一できるように葬儀場に確認してもらうと良いでしょう。

など

遠方の場合は?

遠方の場合は、葬儀場で手配できれば良いですが、そうでない場合には、地元の生花店を探すのは大変なことです。それに、供花は葬儀に間に合って届かなければならないので、時間をかけて探すこともできないでしょう。

遠方で供花を自分で手配する場合には、インターネットを利用すると良いでしょう。
インターネットならば実際に届くお花の写真を確認することができます。また、中には送料無料というフラワーギフトショップもあります。

葬儀や法要、命日などのシーン別に商品をおすすめしてくれる東京銀座フラワーギフトのオンラインショップを紹介しておきます。お悔やみ例文 ・手紙の言葉などのサンプルも掲載されているので、あわせて確認してみてください。

花秘書で故人に手向けたい花を選ぶ

花,お祝い,お供え,フラワーギフト,宅配通販の花秘書

葬儀や法要、命日など、いろいろなシーンにあわせたお花を選べるようになっています。お通夜や葬儀、法要などの際のマナーやお花のマナーなども丁寧に説明されていています。もちろん、全国に配達してくれます。

【供花を贈った場合の香典は?】

本来、供花は香典の代わりになるのですが、供花をグループで贈り、個人で香典を贈るというケースが多いです。
しかし、地域によって慣習の違いなどあるので、年長者に確認すると良いでしょう。

供花にしようか香典にしようか…と迷っている場合には、香典を包むことをおススメします。香典と供花の両方か香典のみというのが一般的です。